敏感肌に適した化粧品

敏感肌とは肌の角層が荒れている状態のことです。ストレスや体調の変化、外部刺激などによって肌保護のバリア機能が低下し、肌本来の機能が果たせていない状態にあるものです。



敏感肌は肌の水分量が不足するので、古い角質層が残り、毛穴を狭めて皮脂が排出できない状態になってアクネ菌が繁殖してニキビができやすくなることや、紫外線の影響を受けやすくなり、肌の防御反応からメラニン色素の分泌が活発化してシミになる、髪の毛や服のこすれなどに敏感になりかゆみを感じる、化粧品によって肌荒れを起こすなどの肌トラブルが多く出るのが特徴です。


これを改善するには、生活習慣の改善や日々の肌ケアをきちんとすること、敏感肌に合った基礎化粧品を使用することが大切です。

まずは、栄養バランスの摂れた食生活、ビタミンCやコラーゲンの多い食べ物を積極的に摂るようにします。
また、適度な運動やストレスをためない生活も必要です。


そして、日々の肌ケアには気を遣うようにします。

初めてでもわかりやすい、おすすめの敏感肌の化粧水に関するサポートサイトはここです。

洗顔は良く泡立つ石鹸を使用し、けっしてゴシゴシせずにその泡で汚れを吸着させるような優しくマッサージをして洗います。

その後の基礎化粧品は、敏感肌に適している保湿力、浸透力の高いもの、無駄な添加物のない安全な成分のものをセレクトすることが大切です。



肌の水分量を適度に満たすことで、外部刺激から肌を守るバリア機能が正常に働き、更に肌のターンオーバーが正常に機能することで肌の生まれ変わりが行われ、潤いのある肌になることができます。

敏感肌の状態の時には、成分が肌に負担をかけない基礎化粧品を使い、健康な肌を目指して日々の肌ケアをきちんと行うことが大切です。